スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヨックモックのクリスマスバージョン

2008年のヨックモックのクリスマスバージョン

2009h5405.jpg


2009年のヨックモックのクリスマスバージョン

2009yoas.jpg

ヨックモックはクリスマスのパンフレットはなしでしたが
写真撮影はOKでした。

来年はユーハイムもヨックモックもパンフレットあり、
写真撮影もOKになると良いのですが・・・・・・・


スポンサーサイト
[ 2009/11/30 22:42 ] ヨックモック | トラックバック(-) | コメント(-)

ヨックモック

11月初めにデパートに並びはじめた
ヨックモックのクリスマス限定のクッキー。

11月の初めからデパ地下に行くとすぐヨックモックのコーナーに行き
2つある缶、どちらを今年は買おうか?悩んでいました。

我家は主人と二人なので小さい缶で良いのですが
「お客さんが喜ぶから大きい缶にしたよ!」 ということで

大きい缶の≪サンクデリスホリデー缶≫を購入。

2007114872.jpg

お客さんより、私の方が喜んでいました。

今回はすぐ全部食べちゃいました。

とっても可愛い絵はフランスの女性画家 クリーブ(Clyv)さんの作品です。

2007114861.jpg


缶の横は今年はクリスマスツリー   2007114869.jpg


いつもは食べ終わったら缶に封筒や便箋、切手などを入れているのですが
今年は違ったことに使いたいと思っています。

今、準備中です・・・・・・・・・・・何に使うのでしょうか?・・・・・・・・ナイショ 


20071123180.jpg




2006年クリスマスパッケージはこちらから

2005年クリスマスパッケージはこちらから


人気Blogランキングに参加しています
↓↓↓ポチッとご協力お願い致します♪


↓↓↓こちらもポチッとご協力お願い致します♪


[ 2007/12/04 14:00 ] ヨックモック | トラックバック(-) | コメント(-)

ヨックモック

20007020508.jpg

ヨックモックの2006年クリスマス限定パッケージ
賞味期限が3月末までになっていたので今、ゆっくり味わっています。
かわいいクリスマスバージョンの缶に入ったもの毎年購入しています。
今年はヨックモックハウスの中でのサンタさん、
クリスマスに着る洋服を作ったり、
皆さんのプレゼントリストの確認をしたり
クリスマス準備に大忙しの様子です

ヨックモックの2005年クリスマス限定パッケージは↓
http://christmas2006.blog50.fc2.com/blog-entry-35.html

絵は「フランスの画家・クリィブ氏の書き下ろした水彩画」だそうです。
もちろん、中身のお菓子個別包装もクリスマスバージョンです。
缶のまわりのミトンの絵も可愛い
200070200505.jpg

[ 2007/03/18 14:15 ] ヨックモック | トラックバック(-) | コメント(-)

ヨックモック



2005年ヨックモック・クリスマスバージョンは2000円の缶と3000円の缶のふたつ。
凄く人気ありましたね。得に大きい缶の3000円の方は12月中旬にはどこも売り切れ。
私は12月10日ごろに買いましたが、「最後の一缶です!」とおっしゃっていました。
3000円のクリスマス缶、両親へのお歳暮として持っていきました。
食べたらこの缶は捨てないでね!!!
母「可愛いはね。でも二人では多いわ~。クリスマス過ぎたらお客さんにも出せないし~~」
と困っていたので 「半分持って帰ってあげることにしました~♪」(笑)

今日この二つのクリスマス缶に宝物を入れてニコニコしていました。
私の場合の宝物は高い宝石ではなく
可愛いレターセットや可愛い切手・可愛いシールなど・・・・・・・
凄く安上がり~♪
クリスマス好きの方は私と同じようにクリスマス缶に宝物を入れているんですね!

国際公認サンタクロース協会の試験に合格した本物(?)
のサンタクロースのパラダイス山元さんのお家でも
宝物はクリスマス缶に入れているそうです。

20060212.jpg

(左から)長男用は同僚のデンマークのサンタさんからのプレゼント
長女用は蚤の市で購入したもの
次男用はロシアのサンタからのプレゼントだそうです~♪

[ 2006/01/03 21:45 ] ヨックモック | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。