スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もちろん、バージニア、サンタクロースは本当にいるよ

2007111700159.jpg


110年前の実話です。

ニューヨークに住む、8歳の女の子が新聞社に
『Is There A Santa Claus?』
「サンタクロースっているんでしょうか?」という一通の手紙を書きました。

Dear Editor:
I am eight years old.
Some of my little friends
say there is no Santa
Claus. Papa says if you
see it in The Sun, it’s so.
Please tell me the truth,
is there a Santa Claus?

    Virginia O’Hanlon



親愛なる編集長様:
私は8歳です。
私のお友達は皆、サンタさんなんていないって言っています。
パパに聞いたら、「本当の事は、みんな新聞に書いてあるから
新聞の記事を書いている人に聞いてみなさい。
新聞社の人がサンタクロースがいると言うなら、確かにいるんだろう」と、言いました。

本当のことを教えてください。

サンタクロースって、本当に、いるんでしょうか?

        バージニア・オハンロン



編集者のフランシス・チャーチさんは、
この小さな女の子の可愛らしい手紙に、丁寧に返事を書きました。

そしてこの記事は新聞の紙面に・・・・・・・・・・

『Yes, Virginia, there is a Santa Claus』 
「もちろん、バージニア、サンタクロースは本当にいるよ」

2007111700155.jpg


バージニア、サンタクロースがいない!
何てことを言うんだ!
あなたのお友達は間違っている!
サンタクロースはいるんだ。
サンタクロースは今も生きてるし、これからもずっと永遠に生きている。
1000年たっても、いや、1000年の1000倍たっても、
サンタクロースは子供たちの心を、わくわくさせてくれるんだよ!



皆さん、信じる気持ちが大事です!
このお話もっと詳しく知りたくなった方、
クリスマス博士のとりとんさんが教えてくれます↓

『サンタクロースっているんでしょうか?』

『バージニア・オハンロンの手紙とサン新聞の社説』

20071123162.jpg


人気Blogランキングに参加しています
↓↓↓ポチッとご協力お願い致します♪


↓↓↓こちらもポチッとご協力お願い致します♪



スポンサーサイト
[ 2007/11/17 23:54 ] クリスマスの本 | トラックバック(-) | コメント(-)

サンタクロースっているんでしょうか?

2007104528.jpg

5月に上高地帝国ホテルに行き
『又、上高地帝国ホテルに来たい病』 にかかってしまった私達。

又10月に行った時
≪読書室≫の絵本のコーナーで、クリスマスの本を見つけました。

『サンタクロースっているんでしょうか?』


ニューヨークに住む、8歳の女の子が新聞社に
『Is There A Santa Claus?』
「サンタクロースっているんでしょうか?」という一通の手紙を書いたお話です。


11月7日でクローズした上高地帝国ホテル。

クリスマスには誰もいないはずでは???

と思っていたら・・・・・・・・・・
大雪でバスもタクシーも運行していませんが
松本に住んでいらっしゃる方が
歩いて上高地帝国ホテルまで来て、
ホテルも守っていらっしゃるそうです。

クリスマスの日、もしかしたらホテルを守られている方
読書室で、この本を読まれているのかもしれませんね?


人気Blogランキングに参加しています
↓↓↓ポチッとご協力お願い致します♪


↓↓↓こちらもポチッとご協力お願い致します♪


[ 2007/11/12 16:26 ] クリスマスの本 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。